FROM ATELIER

– from atelier – Pao de loのものづくりのうらがわ。
今回のfrom atlier はPao de lo が毎年夏にお届けしております、
「和紙で作られたニット」のお話をお届けします。

そもそも和紙が服になるって不思議なおはなしですよね・・・実は和紙は古くは平安時代から衣料に使われており、紙衣(かみこ)という神聖な衣類にもなっていました。 和紙の歴史は古く、飛鳥時代に遡ります。海外からきた僧により紙の製 […]

more >>

– from atelier – Pao de loのものづくりのうらがわ。
今回は「FOOD TEXTILE」にまつわるお話をお届けします。

「素敵な色」 「好きな色」 「ついつい手を伸ばしてしまう色」 身の回りにある物のほとんどに色がついています。そして色は、それを見る私たちの心にも影響を与えます。 また、同じ色でも天然繊維はやさしく映り、化学繊維では強く映 […]

more >>

– from atelier – Pao de loのものづくりのうらがわ。
今回は「染めの最新技術」にまつわるお話をお届けします。

服を作るときにまず、「 どんな素材がいいかな 」から始まります。 日本人が昔から身に着けていた着物には、大きく分けて「染め」と「織り」があります。「染め」は手で描かれる友禅や、型を使い手で染める江戸小紋などの伝統技術が代 […]

more >>

– from atelier – Pao de loのものづくりのうらがわ。
今回は「日々を彩るマスクストラップ」にまつわるお話をお届けします。

– from atelier – Pao de loのものづくりのうらがわ。今回は「日々を彩るマスクストラップ」にまつわるお話をお届けします。 マスクをつけることが当たり前になったニューノーマルな […]

more >>

– from atelier – Pao de loのものづくりのうらがわ。
今回は「カレン族シルバー」にまつわるお話をお届けします。

カレン族はタイ北部の少数民族で、首長族として知られ、ゾウの調教ができる唯一の民族としても有名です。 カレン族の作るシルバーは、代々引き継がれてきた伝統的な技法で昔は、自分たちが身に着けるだけの装飾品を作っていました。すべ […]

more >>
TOP