FROM ATELIER

– from atelier – Pao de loのものづくりのうらがわ。
今回は「染めの最新技術」にまつわるお話をお届けします。

服を作るときにまず、「 どんな素材がいいかな 」から始まります。


日本人が昔から身に着けていた着物には、大きく分けて「染め」と「織り」があります。
「染め」は手で描かれる友禅や、型を使い手で染める江戸小紋などの伝統技術が代表的で、
現代でも生地に柄を入れるプリントは、型を使い色を重ねていく作業を機械で行います。


Pao de lo では、着物に使われていた手作業で染めることでしか出せない独特の
 ” ゆらぎ ” や ” にじみ ” を表現する方法として
「ビスコテックス」という型を使わないプリントの最新技術の手法を使用しています。


昭和28年ごろにの絹の精練風景


「ビスコテックス」という手法のプリントはセーレン㈱さんで作って頂いています。

セーレン㈱は古くから絹織物などの繊維産業が盛んだった福井県にあります。
福井県鯖江市で1889年の創業以来、社名の由来にもなっている
絹の精練(せいれん)作業(絹に光沢を出すための水洗い)を行ってきました。
それから130年・・・、繊維産業からメディカル、エレクトロニクスまで多岐にわたり
世界中で活躍されています。
その中のひとつである繊維産業では、技術と最先端のIT との融合により開発された
「ビスコテックス」は従来の方法と全く違い、写真のように特殊なプリントすることで
機械では出せなかった” ゆらぎ ” や ” にじみ ” を表現することができるのです。





最先端の染色技術は、真っ白だった生地に人の手で染められたような温かみを与えてくれます。





Pao de lo がオリジナルで作って頂いている柄は特に、ぼかし部分が自然に見えるように、
柄作りからプリントをするためのデータに変換して頂くまで、
技術者の方々に何度も試行錯誤して頂いて、やっとできる繊細なプリントです。





このプリントの技術とシステムは、「環境にやさしい作り方」という新しい選択肢をくれました。
染料、水、エネルギーの使用量を従来のプリントのシステムに比べて1/5~1/20に抑える
エコフレンドリーな手法でもあります。
Pao de lo は、メインのプリントは全て、この手法で作成しています。



地球にやさしい、人による最新技術をこれからもお届けしていきたいと思います。


雫プリントワイドパンツ ¥22,000+tax


TOP